家庭教師のような学習塾

文房具

大阪では個別指導の学習塾が増えてきています。一昔前は、塾といえば学校のように広い教室で、授業をするのが一般的でした。しかし、その反面、生徒一人一人の学習状況を把握できないこともあったかもしれません。その対極にあるのが家庭教師です。生徒と一対一で接することが可能ですが、生徒と先生の関係に緊張感が無くなると、塾のように生徒同士で切磋琢磨するような関係が生まれづらくなっていきます。このような塾と家庭教師のマイナス面を解決した、折衷型といえるのが大阪にある個別指導の学習塾です。個別指導の学習塾では、多くて2,3人の生徒を1人の先生がみるという形式をとっているので、生徒と先生の間で良い距離感を保つことができます。また、生徒同士も一緒に勉強する仲間がいることが多いので、お互いを刺激し合うことで、より勉強に適した環境が生まれます。個別指導の学習塾は、一般的な塾と家庭教師のプラス面を合わせる事で、従来の問題を解決した画期的な学習塾といえるでしょう。個別指導の塾では、複数の生徒で授業を受けることはあっても、同じ教科、内容を学習しているとは限りません。2人、3人がそれぞれ別々の教科を勉強し、先生がそれぞれに交替で教えるというスタイルが多いととされています。また、一般的な塾の場合は塾の授業時間に生徒が合わせる、という形が大阪では多いと思います。しかし、個別指導の塾の場合は、家庭教師のように、あらかじめ自分が行ける時間帯を指定して、その時間に授業を受けることができます。その点でも、大阪の個別指導の塾は画期的といえるでしょう。